青汁に砂糖を入れない方がいい理由

青汁は基本的に緑色の作物を飲める状態にしたものなので、若干の癖や飲みにくさを感じることも多いです。それを補い、飲みやすくするために手っ取り早いのは美味しいものと混ぜることです。

甘みはそのためにとても有効ですがお砂糖を使いたがらない商品を多く見かけます。理由は青汁に多く含まれ、多くの人が効果を期待するビタミンB群にありました。

ビタミンB1には糖分を分解する働きがあります。…ということは糖分を一緒にとるとせっかくのビタミンB1をそこで消費してしまい体の中に残らなくなってしまうのです。ビタミンB群が足りないと酸性の物質ができ、それを中和するためのカルシウムが消費される可能性も出てきます。

そこで青汁に甘味をプラスしたいときははちみつをいれるのが定番になっています。はちみつにはそれ自信にミネラルやビタミンも多く含まれています。ただはちみつが入っていると一歳未満の乳幼児はボツリヌス菌の関係で飲めなくなりますので注意が必要です。

また果物と混ぜる時には、果糖も気になります。果糖も砂糖と同じようにビタミンB1を消費しますので気を付けなくてはいけませんが、甘味が砂糖の1.5倍になりますので、自家製のジュースなどを作るときは低カロリーかつ甘いジュースにすることができます。