青汁にはちみつを入れて相乗効果

蜂蜜にはビタミンB1・B2など多くのビタミンが含まれ、そのほとんどが活性ビタミンです。ビタミンには活性型と不活性型があり、人工のサプリメントはほとんどが不活性型ビタミンで大量に摂らなければ効果がありませんが、はちみつの活性型のビタミンは不活性型のビタミンの数倍も体内で吸収されます。

はちみつはグルコン酸という成分を含んでいるそうです。その強力な殺菌作用により、特別な保存方法にしなくても保存量や添加物なしで二年以上も賞味期限がもつのです。蜂蜜は継続して食べることで、下痢や便秘の解消・風邪の早期回復や予防・胃潰瘍の治癒効果や、胃がんの予防効果も期待されます。

またはちみつは美容効果にも期待できます。アミノ酸・ビタミンC・ナイアシン・ビタミンB・ミネラル、カルシウム・マグネシウム・鉄分などを豊富に含んでいるので肌の保湿効果が高いですし、殺菌作用でニキビや吹き出物も治療できます。

その上甘味が強くて、カロリーも低いのです。砂糖を使う代わりにはちみつを使うと少量ですみます。青汁にはそれだけでたくさんの栄養成分が含まれますが、はちみつを加えると更にこれらの利点が得られる上に、甘味がついて飲みやすくなるという相乗効果が得られるのです。